ハーブと「生化学」①~体調不良の原因のほとんどは「血糖値」?!~

ひだまりハーブガーデン&スクール

092-207-7000

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-4-38 チサンマンション天神Ⅲ 214号

営業時間 / 10:00〜16:00 休講日 / 土・日・祝日

lv

ハーブと「生化学」①~体調不良の原因のほとんどは「血糖値」?!~

日本メディカルハーブ協会資格,ひだまりブログ

2018/09/20 ハーブと「生化学」①~体調不良の原因のほとんどは「血糖値」?!~

最近は「低糖質ダイエット」だったり、

糖質にこだわる、気を付けるなど意識が高くなってきましたね。

 

タイトルにも書きましたが、

カラダの不調の原因の9割以上が「血糖値」だということが

エビデンスも含め解明されてきています。

 

ケーキ

 

最近は健康に対する意識が高い方がとても多く、

カラダに良いもの、悪いものが理論とともに

そうでなくても「何となく」は気づいていたりしますよね。

 

私の発信する記事をご覧になっている皆さまは、

きっと、確実に、必ず、

「〇〇がカラダに良いらしいわ。」

などの情報にアンテナが敏感に反応していることでしょう。

 

でも、そこには意外に「大きな」落とし穴があったりします。

それは「成分」にばかり着目していないか?

ということ。

そんな私もずっと以前はそうでした。

 

実は、それよりもはるかに重要な事があります。

 

私たちは人間のカラダのメカニズムに沿った正しい食事を知る必要があるという事です。

 

私たち人間のカラダには「消化・吸収のシステム」が備わっています。

それにより、口から入れた食べ物が消化され、

「形を変えた栄養素」になり、必要に応じ体内に吸収されるのです。

この形を変えたものは、そのまま肉体の一部になる訳ではありません。

それは代謝という過程で、また構成をかえ様々な物質へと今度は合成されていきます。

 

こうしたメカニズムを理解していく学問が「生化学」です。※ひだまりハーブガーデンでは「生化学」も学べます!

生化学は生命現象、いわゆる人体のメカニズムを究明するものです。

 

私たち人間はずっと以前から、変わらず消化と吸収のシステムを持っています。

そして、そのシステムをコントロールしている「脳」。

 

長い歴史の中(少なくとも1950年以前まで)で、このメカニズムはずっと守られていたはずですよね。

 

%e6%b6%88%e5%8c%96%e3%83%bb%e5%90%b8%e5%8f%8e

 

・・・と、なんだかハーバル何とかの講義みたいになってしまいましたが、

記述していて、相当な長さになりそうだと感じてしまったので、

次回に血糖値に関する内容を認(したた)めていこうと思います。

 

ようは、次回頓出されるだろう「不調」のほとんどは、

自己管理への高い意識と、プラスアルファであるハーブティーなどのアイテムで十分対応できるという事を言いたいわけです。(-。-)

 

次回は血糖値について、また最近話題の様々な食事法などエビデンスがどんどん出てきていますので

そういう事をお伝えしていこうと思います。

 

ハーバリストの皆様は、復習で確認してくださいね。

 

%e8%8f%8a%e8%8a%b1%e3%81%a8%e7%b7%91%e8%8c%b6

 

 

 

ひだまりハーブガーデン&スクール
メルマガ登録はこちらから

MAILMAGAZINE メルマガ登録

初めてさんのハーブ体験講座はこちらから

%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

@LINEでひだまりハーブガーデンのお友達になりませんか?

友だち追加

 

TOP