「ハーバルプラクティショナー講座」新クラスがスタートします。

ひだまりハーブガーデン&スクール

092-207-7000

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-4-38 チサンマンション天神Ⅲ 214号

営業時間 / 10:00〜16:00 休講日 / 土・日・祝日

lv

「ハーバルプラクティショナー講座」新クラスがスタートします。

日本メディカルハーブ協会資格,ハーブコース,インフォメーション

2020/09/28 「ハーバルプラクティショナー講座」新クラスがスタートします。

現在のプラクティショナーコースは修了間近で、論文発表を残すのみとなりました。

 

この講座は「植物化学科」で、メディカルハーブ検定講座やハーバルセラピスト、シニアハーバルセラピスト、

そして日本のハーブセラピスト講座で学んできた100種類以上のハーブの成分の事をしっかり学び理解する内容になります。

薬の起源を知ることで、更に健康増進、疾病予防に役立つ知識を得ることができます。

 

HPT

 

薬学のテキストを使って、フラボノイドやアルカロイド、テルペノイド、脂肪などをひも解いていくのですが、

検定講座の講義の中でも質問が多い「フラボノイド配糖体」と「フラボノイド」はどう違うのか?

アントシアニンの色は何の成分がどんな形になって決まるのか?

 

など、これまで疑問に感じていた事をひとつずつ解決していくクラスとなります。

他にも、植物や動物の油がカラダの中に入ってくると、どうなるのか?

シニアコースで「食物が口から入って、体内でどんな変化をして、どう代謝、排泄されていく。」

といった説明を最初にするのですが、

この油については、代謝経路を知る事で、ハーブを学ぶ中で何度も目にした「炎症」と初めてここで繋がることになります。

 

オリジナル資料もテキストと変わらないくらいに厚いものを準備していますし、

スライドを使った講義なので、どんな植物のどんな成分なのかを視覚からもしっかりと見て理解を深めることができます。

ハーブの味や色や香りが、どんな薬剤に活用されているかを知ることで

更にメディカルハーブの理解を深めてくれるでしょう。

 

それまでの資格取得でも学んできたカラダのこと、病態生理、薬理学、生化学、栄養学など

全部が繋がって始めて、素晴らしいアウトプットができるようになります。

企業が求めるQOLの向上についての提案もしっかりと理論をもって対応できるようにもなります。

 

せっかくメディカルハーブを学ぶのであれば、ぜひ最後まで理解して繋げて欲しいなと思います。

ご一緒に学んでみませんか?

 

クラスは10月スタートのクラスと12月からのスタートのクラスを準備しています。

お待ちしています。(#^.^#)

 

詳細はこちらから「プラクティショナー講座

 

ステップアップ ビジネスイメージ

 

ひだまりハーブガーデン&スクール

 

TOP