大人気講座「糖代謝&免疫のメカニズムと生活習慣病改善のハーブ・マルベリー講座」をオンライン講座で開催します!

ひだまりハーブガーデン&スクール

092-207-7000

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-4-38 チサンマンション天神Ⅲ 214号

営業時間 / 10:00〜16:00 休講日 / 土・日・祝日

lv

大人気講座「糖代謝&免疫のメカニズムと生活習慣病改善のハーブ・マルベリー講座」をオンライン講座で開催します!

ハーブ講座,ひだまりブログ,インフォメーション

2021/02/09 大人気講座「糖代謝&免疫のメカニズムと生活習慣病改善のハーブ・マルベリー講座」をオンライン講座で開催します!

「糖代謝のメカニズムとマルベリーの植物化学成分」メディカルハーブ講座を開催します!

 

糖分って何が、どう悪いの?

摂っちゃいけないの?摂りすぎるとどうなるの?

そんな疑問を解決する講座です。

 

運動量が減っている分、摂る栄養もバランスよく&カロリー控えめを心がけたいところですが、

美味しいものは、糖や脂肪でできている・・・と、誰かが言っていましたね・・・・・。

 

ハーブを学ぶ皆さまには、もちろんファーストチョイスとなるマルベリー。

 

マルベリーの成分といえば、デオキシノジリマイシン(DNJ)。

このDNJの二糖類分解酵素であるαーグルコシダーゼの働きを阻害して、

食後の血糖上昇を抑制する働きは有名です。

そして、小腸で吸収を抑制された糖質は大腸に運ばれ、腸内細菌によって分解され

乳酸や酢酸などの有機酸を生成するため腸内環境を改善して整腸作用をもたらします。

 

講座では、マルベリーの糖質の吸収に関わる血糖値上昇の抑制だけではなく、

免疫賦活作用や抗肥満作用について、

更には糖代謝のことなど、わかり易くお伝えします。

ぜひ興味がある方はご参加下さいませ。

 

本講座で、その素晴らしい成分とメカニズムをしっかり理解する事で、

生活習慣病の予防や健康増進に役立てることができます!

 

講座名 :メディカルハーブ講座「糖代謝のメカニズムとマルベリーの植物化学成分の作用」

開催日時:2021年3月5日(金)13:30~15:00 ※終了時間は多少前後します

申込締切:2021年2月28日(日)午後20時まで ※定員になり次第受付は終了致します。

講座代金:2,000円 ※マルベリーリーフティー10g&マルベリーパウダー10g、テキスト冊子(送付代込)

ご入金方法を次から選択ください。お申込み時にお知らせください。①銀行振込、②カード支払い、③Paypay支払い

開催場所:zoom(入金確認後URLをお送りします。クリックするだけでご参加いただけます)

募集人数:10名

 

お申込みはこちらから ➡ CONTACT US  またはLINEやFacebook、Instagramからメッセージでもお受けします!

 

Matcha latte cup on white background from above. This latte is a delicious way to enjoy the energy boost & healthy benefits of matcha. Matcha is a powder of green tea leaves packed with antioxidants.

今回開催する講座は昨年を除き今年で5年目になりますが、

毎回、受講されるかたの健康志向が高くなっているのを感じています。

一昨年に開催した時は、薬局を糖尿病に特化することを考えているという薬剤師さんも参加されていました。

皆さん、とても熱心なので、私もとても刺激になります。

 

今回はオンラインということで、ご参加の皆さま同士のコミュニケーションはなかなか難しいと思いますが

ぜひ、楽しんでいただきたいです。

 

糖分の摂りすぎが気になる方や対策が知りたい方のご参加をお待ちしています。

 

過去の講座の情報はこちらから⇓⇓⇓

糖代謝のメカニズム&マルベリーの植物化学成分講座

 

 

ひだまりハーブガーデン&スクール

@LINEでひだまりハーブガーデンのお友達になりませんか?

友だち追加

インスタでの情報配信もぜひ!

hidamariherbgarden_nametag

メルマガ登録はこちらから⇓

MAILMAGAZINE メルマガ登録

初めてさんのハーブ体験講座はこちらから

%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e7%94%bb%e5%83%8f

 

動画配信(YouTube)良かったらご登録ください。⇓⇓

yl2_s

 

TOP